患者さんへ
患者さんへ 患者さんへ
Patient

当院を受診される患者さんへ

院外処方せんについて

当院では医薬分業を推進するため、院外処方せんを発行しています。院外処方ではジェネリック医薬品を扱うことも可能です。

外来受診時の後発医薬品の取り扱いについて

医薬品は、多くの年月と多額の開発費をかけて新しい効き目と安全性を確認して開発されますが、一定期間は知的財産として特許で守られます。この特許期間の終了後に先発医薬品と同じ成分、同じ使用法の医薬品として厚生労働省の承認を経て発売される医薬品が後発医薬品(ジェネリック医薬品)と呼ばれるものです。後発医薬品の開発に要する費用が格段に安く済むために原価が安くなり、患者さんの一部負担金が殆どの場合安くなります。但し、添加物等が同じでない場合や先発医薬品と後発医薬品で効能または効果が一部異なる場合もありますので、使用には注意が必要な場合があります。

医療機関が発行する処方箋に「後発医薬品への変更不可」の指示がない場合は、すべて後発医薬品への変更が可能となりますが、保険薬局にて患者さんが変更を希望されない場合は先発医薬品を受け取ることが出来ます。保険薬局では、患者さんの希望に応じた後発医薬品に関して説明するとともに調剤が行われます。 また、主治医がどのような後発医薬品が調剤されたか不明であるため、次回受診時に保険薬局にて交付された情報提供用紙(お薬の説明書)かお薬手帳を持参いただき、主治医に提示して下さい。また、先発品にはなかった副作用等が現れることも皆無ではありませんので、そのような時には、保険薬局と主治医にすぐにご連絡下さい。

ページ上部へ